先進科学研究機構

機構長挨拶

 先進科学研究機構は、先進的な研究領域の新進気鋭の研究者を駒場に結集して先進的研究を加速するとともに、大学院や後期課程(教養学部 3,4年生)の研究・教育だけでなく、前期課程(教養学部 1,2年生)の自然科学教育の充実もはかることを目的とする機構です。

  この新しい機構では、まず、教員人事の仕方から刷新しました。通常はシニアな研究者が分野を決めて公募することが多いのです が、「XX学のYY分野を専門とし、若手で、日本語が流暢で、、、」といくつもの条件を付けることになりますから、目星を付けて いた研究者がちょうど他大学からのオファーを受諾したばかりだったりと、「良縁」に恵まれずに人事が難航することも少なくありま せん。しかもシニアな研究者が目星を付けた分野が本当に将来性があるのかどうかも、極めて疑わしいのです。

  そこで、「分野よりも人」「能力があって研究意欲が高い人がポストとスペースを得れば、勝手に面白い研究を始めるものだ」とい う私の個人的信念を先進科学研究機構の人事に取り入れました。すなわち、分野を決めずに自然科学全体を見渡して最も有望な若手を 探します。そうすれば、適任者がたまたま居ないなどという確率はゼロになり、輝いている若手が必ず見つかります。東京大学は大き な組織ですから、ひとつぐらいそういう人事をする組織があってもいいだろう、と考えました。

 次に、こうして新規採用した若手研究者達を、大学院(総合文化研究科広域科学専攻)や後期課程(教養学部3,4年生)の学生だ けではなく、前期課程の学生達とも密に相互作用させたい。とくに、授業評価アンケートで大多数の学生が「難しかった」と答えた科 目を「物足りなかった」「もっと高度な内容も教えて欲しい」と答えるような学生と、相互作用させたい。

  そこで、従来よりも高度な内容を少人数講義で教える「アドバンスト理科」を前期課程の学生向けに開講することにしました。高度 な内容をオムニバス的に紹介するような「あるある」の講義ではなく、システマティックな内容をきちんと積み上げていく講義です。 学生は世界をリードする若手研究者から大きな刺激を受け、多くの事を吸収するでしょう。同時に、若手教員も、1年生の根源的な疑 問に真摯に答えようともがく中で、新しい研究の扉が開くことも希ではないでしょう。そういう相互作用を引き起こしたいと願ってこ の組織を作りました。

  このような理想論にも見えかねない計画ですが、幸いにも、学内の一定の支持を受けることができ、実現しました。2019年1月 から若手教員が「先進科学研究機構」に着任を開始し、同4月からは彼らによる最初の「アドバンスト理科」が開講されます。その講 義内容は、私も全部出席したいほどわくわくする内容です。素晴らしい人材が素晴らしい人材を育てる、という好循環を引き起こすこ とができれば、これに勝る喜びはありません。

2019年3月15日
先進科学研究機構 機構長
清水 明